相続した預金のおろし方について

亡くなった方の銀行預金を下ろすには相続人であることを証明する必要があります

母が亡くなった後、父が急病で入院し、入院費用が必要になりました。
兄弟の仲があまり良くないのですが、母名義の預金を下ろすことはできるのでしょうか?
“相続した預金のおろし方について”の詳細は »

相続税についての要注意の項目ってなんだ

「相続税なんて、お金持ちしか関係ない」と思っていると、自宅の相続でトラブルに遭遇する可能性もあるのです。

「相続税なんて、お金持ちしか関係ない」と思っていると、自宅の相続でトラブルに遭遇する可能性もあるのです。

特に、2015年の税制改正以降は、基礎控除が現行の6割水準に引き下げられる可能性が高く、
そうなれば相続税が課税される人が増えることになります。相続をスムーズに進めるためにも、
早めの情報収集と対策を心がけたいものですね。
“相続税についての要注意の項目ってなんだ”の詳細は »

一度書いても相続までに遺言の撤回はできる

相続遺言者は、いつでも、遺言の方式にしたがって、その遺言の全部又は一部を取り消すことができます

民法では遺言者は遺言の方式に従っていつでもその遺言の撤回や一部を取り消すことができると定めています。(民法1022条)
第1022条 遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。
“一度書いても相続までに遺言の撤回はできる”の詳細は »

相続権の譲渡という運用は注意を要します

譲渡相続人分の価額、および譲渡費用を譲受人に大して償還することにより、これを取り戻すことができるとしています。

法定相続人とは、民法で定められた遺産を相続する人のことをいい、亡くなった人(被相続人)の配偶者や子供、父母、兄弟姉妹(以下、兄弟)です。

ただし、配偶者は必ず相続人になれます(民法890)が、子供、父母、兄弟にはなれる順番が決まっています。
“相続権の譲渡という運用は注意を要します”の詳細は »

まず戸籍をとって相続人を確定して協議する

民法では、相続人については法律上定めています。その定められた相続人を法定相続人といいます。

被相続人の死後は相続人によってその遺産をどのようにするか、遺言がなければ協議により決定します。これを相続協議と呼びます。

もしその中で放棄したい相続人がいれば相続放棄申述受理証明書を発行して相続登記申請をします。
“まず戸籍をとって相続人を確定して協議する”の詳細は »